産経WEST

宝塚雪組“ゴールデンコンビ”早霧&咲妃が千秋楽「初舞台から今日まで命をかけて」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


宝塚雪組“ゴールデンコンビ”早霧&咲妃が千秋楽「初舞台から今日まで命をかけて」

サヨナラパレードでファンに手を振る早霧せいなさん=29日午後、兵庫県宝塚市(山田哲司撮影) サヨナラパレードでファンに手を振る早霧せいなさん=29日午後、兵庫県宝塚市(山田哲司撮影)

 サヨナラショーは雪組トップ時代の作品で綴った。咲妃と相談しながら内容を決めたそうで、長めのデュエットダンス1曲、デュエットソング3曲を披露し、ゴールデンコンビの絆を見せつけた。咲妃へのメッセージとして「一緒にやってこれてとっても楽しい日々でした。東京公演の千秋楽で宝塚人生はゴールだけれど、そのあとの人生でも夫婦漫才しようねという思いです」と話した。

 退団後は未定も、今公演前は「男役を離れて演じる気持ちはわきづらい」と正直な思いを口にしてきた。「その思いは増しているかもしれないです。ひょうひょうと(幕末太陽傳の主人公の)佐平次みたいに去っていくつもりが、そうはいかないようです」と苦笑いしていた。

 一方、添い遂げ退団をする相手役の咲妃は、「雪組のみんな、同期、心から尊敬する早霧さんのお側で舞台に邁進できた日々は本当に幸せでした。こんな私を見つけてくださったファンの皆さん、どなたのご縁が欠けても今の私は存在しなかった」とあいさつしていた。

 2人は東京宝塚劇場公演の千秋楽、7月23日付で退団する。

このニュースの写真

  • 宝塚雪組“ゴールデンコンビ”早霧&咲妃が千秋楽「初舞台から今日まで命をかけて」
  • 宝塚雪組“ゴールデンコンビ”早霧&咲妃が千秋楽「初舞台から今日まで命をかけて」
  • 宝塚雪組“ゴールデンコンビ”早霧&咲妃が千秋楽「初舞台から今日まで命をかけて」
  • 宝塚雪組“ゴールデンコンビ”早霧&咲妃が千秋楽「初舞台から今日まで命をかけて」

「産経WEST」のランキング