産経WEST

【動画】麦畑がパッチワーク模様に…「麦秋」迎え、収穫本格化 岡山市南部の干拓地

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
麦畑がパッチワーク模様に…「麦秋」迎え、収穫本格化 岡山市南部の干拓地

収穫期を迎え、バッチワークのような風景が広がる児島湾干拓地の麦畑=29日、岡山市(本社ヘリから、門井聡撮影) 収穫期を迎え、バッチワークのような風景が広がる児島湾干拓地の麦畑=29日、岡山市(本社ヘリから、門井聡撮影)

 麦を取り入れる季節「麦秋」を迎え、岡山市南部の児島湾干拓地で、ビールの原料となる二条大麦の収穫が本格化している。刈り取る前の黄金色、収穫後の薄茶色の畑が混在し、上空から見るとまるでパッチワークのような風景が広がる。

 約54ヘクタールで二条大麦の一種ミハルゴールドなどを栽培する国定豪(たけし)さん(60)は「今年は収穫量が期待でき、品質も良い」と話す。二毛作も盛んで、刈り取りを終えた畑から順次、稲の田植えの準備に追われる。

 例年より雨が少なく生育は順調という。収穫は来月10日ごろまで続く。

「産経WEST」のランキング