産経WEST

殺人罪の中国籍の男に有罪判決も 「誤訳」で調書の信用性を一部否定 大阪地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


殺人罪の中国籍の男に有罪判決も 「誤訳」で調書の信用性を一部否定 大阪地裁

 自宅で妻の首を絞めて殺害したとして、殺人罪に問われた中国籍の無職、王延華被告(68)の裁判員裁判の判決公判が24日、大阪地裁で開かれた。伊藤寿裁判長は、捜査段階の取り調べで被告についた通訳にミスがあったとして、一部調書の信用性を否定した。一方で殺人罪の成立を認め、懲役7年(求刑懲役11年)を言い渡した。

 判決理由で伊藤裁判長は、捜査段階の取り調べを録画した映像では、被告が「殺すつもりはない」と供述しているのに、通訳を介した調書では「被害者を殺して黙らせようと思った」と異なる内容が記載されている点を挙げ、「被告が殺害の意欲を有していたとするこの部分は、信用できない」と判断した。一方で、妻の首を両手で数分間にわたって絞めていたことから殺意を認定した。

 逮捕直後の取り調べをめぐっては、地裁が選任した別の通訳人による鑑定の結果、誤訳や通訳漏れが120カ所以上あることが判明したという。

 判決によると、王被告は平成28年2月10日、大阪市平野区の自宅で妻=当時(64)=の首を絞め殺害した。

 弁護人の植田豊弁護士は「通訳の問題は映像がなければ分からなかった。対策を取らなければ、同様の問題が繰り返される恐れがある」と指摘した。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング