産経WEST

「返事小さい」と後輩平手打ちの海自士長 重傷負わせ停職3日

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「返事小さい」と後輩平手打ちの海自士長 重傷負わせ停職3日

 海上自衛隊佐世保地方総監部(長崎県佐世保市)は24日、護衛艦「ありあけ」の艦内で後輩隊員3人を平手打ちし、うち1人に重傷を負わせたとして、乗員の海士長の男性(25)を停職3日の懲戒処分とした。海士長は「返事が小さく、真面目に聞いていないと思った」と話しているという。

 総監部によると、海士長はありあけに乗務中の2月19日、勤務態度や服装について3人を指導した際、頬を平手打ちした。このうち1人は顔に全治約1カ月のけがをした。けがをした隊員が同市の自衛隊佐世保病院で治療を受けて発覚した。

 ありあけの西端俊博艦長は「誠に遺憾。再発防止に努める」とのコメントを出した。

「産経WEST」のランキング