PR

産経WEST 産経WEST

イオン、ダイエー再建加速 3年後に売上高を2倍超・7千億円に引き上げる計画 近畿でスーパー再編の核に

 流通大手イオンの岡田元也社長は24日、傘下の食品スーパー、ダイエーの再建を加速する方針を表明した。近畿圏で今後進めるグループの食品スーパー再編の中核企業と位置づけ、新規出店の再開も目指す。平成32(2020)年2月期の売上高を29年2月期と比べ2倍超となる7千億円に引き上げる計画を示した。千葉市で開かれた株主総会で述べた。

 ダイエーは昭和55(1980)年に売上高が小売業で初の1兆円を突破したが、バブル崩壊で巨額の負債を抱え、衰退の一途をたどった歴史がある。岡田氏は株主総会で「必ず再び1兆円を超えて成長していく」と強調した。

 イオンは平成26(2014)年9月にダイエーの完全子会社化を表明した。抜本的に事業を見直すため、大型店をイオン側に移管し、生鮮食品と総菜を中心とする食品スーパーに転換。営業地域は首都圏と近畿圏に集中し、現在は200店弱となっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ