産経WEST

【軍事ワールド】“空の忍者”F-35B「ライトニングII」が岩国に 将来は中国空母キラーの役割も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
“空の忍者”F-35B「ライトニングII」が岩国に 将来は中国空母キラーの役割も

F-35Bを前に話し合う米海兵隊員(岡田敏彦撮影) F-35Bを前に話し合う米海兵隊員(岡田敏彦撮影)

 実際に遠方へ展開する場合は、岩国のF-35は主に強襲揚陸艦「ワスプ級」の艦載機として運用される見込みだ。

抑止力として

 また北朝鮮を念頭に置いたミサイル防衛では、発射準備中の弾道ミサイルの破壊や先制攻撃、上空制圧などの場合に、F-35のステルス性(隠密性)と、種々の高性能センサーを持つ高い索敵・攻撃能力が重要な役割を果たす。

 ステルス性は軍事力を拡張する中国海軍に対しても効果を発揮する。特に中国が実用化を進める空母に対して有効で、開発が進む新型の対艦ミサイルを装備した場合、存在を探知されずに空母に致命的な打撃を与える「空母キラー」となる。

 一方で中国が開発中とされるステルス機「J-20」は、機体後方のステルス性が考慮されていないとされる。複数の米軍事サイトはオーストラリア戦略政策研究所のマルコム・デイビス博士の「J-20は高速でも長距離(飛行が可能)でもない」との見解を紹介。米空軍退役中将も「J-20は戦闘機との空中戦を想定していない」と分析する。特にエンジン後端部分は従来機と変わらず、全く“ステルス化”されていないため、このまま量産化されても戦闘機ではなく攻撃機としての運用しかできないと米国の専門家らはみている。

開発を続けながら

 F-35はかつてのように試作機を作って開発を終え、量産体制を整えてある程度の量産機を揃えてから部隊配備するというプロセスは採用していない。

続きを読む

このニュースの写真

  • “空の忍者”F-35B「ライトニングII」が岩国に 将来は中国空母キラーの役割も
  • “空の忍者”F-35B「ライトニングII」が岩国に 将来は中国空母キラーの役割も
  • “空の忍者”F-35B「ライトニングII」が岩国に 将来は中国空母キラーの役割も
  • “空の忍者”F-35B「ライトニングII」が岩国に 将来は中国空母キラーの役割も
  • “空の忍者”F-35B「ライトニングII」が岩国に 将来は中国空母キラーの役割も
  • “空の忍者”F-35B「ライトニングII」が岩国に 将来は中国空母キラーの役割も
  • “空の忍者”F-35B「ライトニングII」が岩国に 将来は中国空母キラーの役割も
  • “空の忍者”F-35B「ライトニングII」が岩国に 将来は中国空母キラーの役割も
  • “空の忍者”F-35B「ライトニングII」が岩国に 将来は中国空母キラーの役割も

関連ニュース

「産経WEST」のランキング