産経WEST

【弁護士会 「左傾」の要因(1)】「反改憲」が日弁連会長選の公約トップ 「左派色最も強い」会派がサポート…「ウルトラ保守」政治家への献金で波乱

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【弁護士会 「左傾」の要因(1)】
「反改憲」が日弁連会長選の公約トップ 「左派色最も強い」会派がサポート…「ウルトラ保守」政治家への献金で波乱

日弁連会長は事実上、「会派」と呼ばれる〝派閥〟の動きで決まる。現会長の中本和洋氏への支援で中心的役割を果たしたのは、大阪弁護士会で「左派色が最も強い」とされる会派「春秋会」。中本氏は当選直後の記者会見で「反改憲」を打ち出した― 日弁連会長は事実上、「会派」と呼ばれる〝派閥〟の動きで決まる。現会長の中本和洋氏への支援で中心的役割を果たしたのは、大阪弁護士会で「左派色が最も強い」とされる会派「春秋会」。中本氏は当選直後の記者会見で「反改憲」を打ち出した―

前のニュース

 「人権侵害につながるような憲法改正には反対しなければならない」。昨年2月、日本弁護士連合会(日弁連)の会長に選出された中本和洋(70)が最初の記者会見で打ち出したのは、「反改憲」だった。

 2年に1度行われる日弁連会長選。法曹養成制度のあり方をめぐり、現執行部の路線を継承する元大阪弁護士会会長の中本と、執行部に批判的な高山俊吉(76)の一騎打ちとなった選挙は、中本が現選挙制度下で最多の1万2303票を集め、4927票の高山を引き離した。ただ、投票率は47・21%。過去最低だった前回46・65%をわずかに上回ったが、半数以上の会員が「無関心」という実態が浮かんだ。

 《憲法前文と9条が規定する徹底した恒久平和主義は、これからも守っていかなければなりません》《安全保障法制は憲法違反であり、廃止に向けて取り組みます》…。中本は選挙公報でも冒頭に「平和を守る」と掲げ、改憲を目指す安倍晋三政権への対決姿勢を鮮明にした。

 実は投開票前、自民党政調会長だった稲田朋美(58)の後援会に中本が政治献金をしていたことが判明した。候補者が各地で政策を訴える公聴会で、中本の見解をただす声が相次いだ。「稲田さんは改憲志向のウルトラ保守。対立候補の攻撃材料になってしまった」。中本陣営関係者は振り返る。

 中本は自身のホームページで弁護士でもある稲田と旧知の間柄であることを強調した。《弁護士の立場を守る議員は与野党を問わず応援するが、個別の政見は是々非々で対応する》。つまり、献金していても、稲田の改憲論に共鳴しているわけではない、と釈明しなければならなかった。

続きを読む

弁護士会のニュース

このニュースの写真

  • 【弁護士会 政治闘争(1)】政治集団化する日弁連「安倍政権、声を大にして糾弾」…反安保で振り回した「赤い旗」

「産経WEST」のランキング