産経WEST

笑いで特殊詐欺被害防げ! 元芸人の警官、20日に寸劇〝座長〟で「再デビュー」 大阪府警黒山署

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


笑いで特殊詐欺被害防げ! 元芸人の警官、20日に寸劇〝座長〟で「再デビュー」 大阪府警黒山署

特殊詐欺の手口を紹介する寸劇の稽古に励む黒山署員。元お笑い芸人の高道大輔巡査(右)がアドバイスを送っている=堺市美原区(水島啓輔撮影) 特殊詐欺の手口を紹介する寸劇の稽古に励む黒山署員。元お笑い芸人の高道大輔巡査(右)がアドバイスを送っている=堺市美原区(水島啓輔撮影)

 吉本興業の元お笑い芸人という異色の経歴を持つ警察官が大阪府警にいる。黒山署地域課の高道大輔巡査(29)。芸人時代に磨いた話術を見込まれ、同署の若手警察官が今月結成した「黒山劇団」の“座長”に就任した。20日に同府大阪狭山市内で開かれる集会で、特殊詐欺の手口を紹介する寸劇を初披露する予定で、「再デビュー」に向けて練習を重ねている。

 「出だしの会話はもっとシンプルに」

 「オチは分かりやすくスパーンといきましょう」

 堺市美原区の黒山署近くの警察施設で16日に行われた黒山劇団の練習。高道巡査は、ほかの若手警察官3人とともに、還付金詐欺への注意を呼びかける約15分の寸劇のリハーサルをしながら、元芸人らしいアドバイスを随所で飛ばした。

 「単に笑ってもらうだけでなく、詐欺の手口をちゃんと理解してもらわなくてはいけない。バランスが難しい」。舞台に日々立っていた過去を思い出しながら試行錯誤を重ねている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング