産経WEST

二重の鍵も突破 広島中央署内の8500万円盗難 内部犯行か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


二重の鍵も突破 広島中央署内の8500万円盗難 内部犯行か

証拠品の現金8572万円が盗まれた広島中央署=14日 証拠品の現金8572万円が盗まれた広島中央署=14日

前のニュース

 広島県警広島中央署(広島市中区)で金庫に保管していた現金8572万円が盗まれた事件で、金庫がある会計課では、大型連休中の3~5日にかけて市内で開催された大型イベントの遺失物対応のため、ドアを施錠していなかったことが14日、捜査関係者への取材で分かった。同課の防犯体制が手薄になった時期を狙った可能性があり、県警は慎重に捜査している。

 捜査関係者によると、市内では3~5日、メインストリート「平和大通り」で花をテーマにした大型イベントを開催。この間の日中、遺失物対応がしやすいようにドアを施錠しておらず、同課以外の署員も出入りできる状態だった。

 署員が大型連休前の4月下旬、金庫の鍵が入っている同課の机を確認した際に異常はなかった。この机の引き出しが壊されているのが見つかり、事件が発覚したのは8日夜。金庫の鍵は会計課長が管理していた。

鍵とダイヤル式

 金庫は鍵を差し込むだけでは開かず、暗証番号を合わせるダイヤル式と二重で施錠。ただ3~5日の間はドアの施錠解除と同じ理由で、暗証番号が解除されていた可能性がないか確認している。

続きを読む

警察署8500万円盗難のニュース

このニュースの写真

  • 警察署の金庫から証拠品の現金8千万円盗まれる 広島

「産経WEST」のランキング