産経WEST

【関西経営者列伝】「信念を貫く」ことが全て 堀場製作所・堀場厚会長兼社長(3)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西経営者列伝】
「信念を貫く」ことが全て 堀場製作所・堀場厚会長兼社長(3)

琵琶湖を臨む「ホリバ・ビワコ・イーハーバー」で歩みを振り返る堀場厚会長兼社長=大津市(山田哲司撮影) 琵琶湖を臨む「ホリバ・ビワコ・イーハーバー」で歩みを振り返る堀場厚会長兼社長=大津市(山田哲司撮影)

 ある日、現地の従業員を前に「私もやっと辛さの中にうまさがあることが分かってきた」というと、みんなが拍手してくれた。同じ味が分かるというのは相手にも安心感になるんですね。以降、通貨危機のときも含めて韓国事業は一度も赤字になっていません。

 生産本部長のときには、社内で特別扱いされていた開発部門を製造部門と一緒にし、縦割りを改めました。うちは生産を委託している協力会社との結びつきが強いんですが、ある会社に伺ったとき、1枚の設計図を示されて「あんたの会社、こんな図面寄こさはるけど、こんなんあかん。全部描き直してるんやで」と教えられた。組織を見直すきっかけになりました。

社長就任、3年間減収減益…助言はくれ、干渉はしなかった父

 《社長に就いたのは平成4年。以降、欧州企業の買収も積極的に進めた

 社長就任は、2代目社長の大浦政弘さんが「そろそろ厚君に」と、会長だった父に進言されたようです。それまでは、毎週の役員会で父と随分やり合っていました。ところが、社長になった途端、全く口を挟まなくなった。そこで2、3週間に1回、2人で朝食を取りながら会社の現状を話すようにしていました。

 就任して最初の3年間、減収減益が続きました。父に相談したら「お前に任せてるんやから、信念を貫けばいい」と励ましてくれた。うれしかったですね。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「信念を貫く」ことが全て 堀場製作所・堀場厚会長兼社長(3)

「産経WEST」のランキング