産経WEST

【経済裏読み】韓国エアラインは世界の優等生らしい…米ユナイテッド機引きずり降ろし事件も引き合いに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
韓国エアラインは世界の優等生らしい…米ユナイテッド機引きずり降ろし事件も引き合いに

 韓国の航空会社の安全水準は世界トップレベルらしい。国際航空運送協会(IATA)会長が、韓国紙、中央日報の取材に応じ、そう評価したようだ。しかも同紙は米ユナイテッド航空の乗客強制排除問題も引き合いに出すなど、運航・保安面での韓国航空業界の“優等生”ぶりを強調。でも少し待ってほしい。韓国機をめぐっては昨年、離陸前のアシアナ機内で副操縦士同士による乱闘が起き、大韓航空機は羽田を離陸する際に出火事故を起こした。韓国メディアが日ごろ、航空業界に厳しい視線を向けているのは承知している。だからこそIATAによる権威付け以上に、足下を冷静に見る姿勢も大切にしてほしい。

本当に優等生か

 国際航空運送協会(IATA)のアレクサンドル・ド・ジュニアック会長が4月末、「2017航空運航安全カンファレンス」に参加するため訪韓し、中央日報との単独インタビューに応じたという。 

 同紙の日本語電子版は詳報を掲載している。

 「航空機テロ脅威と関連し韓国の航空安全水準はどうなのか」の問いに、ジュニアック会長は「どの国も事故や脅威に100%完璧に備えることはできない。ただ韓国は航空運送と関連した基盤施設と保安システムに相当多くの投資をしてきた。このため技術水準や各種装備、これを運用する人材の水準は相当高い。全体でもトップ集団に位置すると考える」と評価した。

グラミー賞の米国歌手「乗務員は訓練不足だった…」

「産経WEST」のランキング