産経WEST

【世界ミニナビ】中国共産党の根拠なき持論「沖縄はもともと中国だった」…貪欲すぎる覇権主義、次は韓国にも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界ミニナビ】
中国共産党の根拠なき持論「沖縄はもともと中国だった」…貪欲すぎる覇権主義、次は韓国にも

尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で中国の公船や漁船に対応する海上保安庁の巡視船(左端)。中国側の身勝手な領有権主張は覇権国家としての野望のあらわれだ=2016年8月(海上保安庁提供) 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で中国の公船や漁船に対応する海上保安庁の巡視船(左端)。中国側の身勝手な領有権主張は覇権国家としての野望のあらわれだ=2016年8月(海上保安庁提供)

 元自衛隊幹部はこう指摘する。

 「中国が尖閣諸島を手に入れれば、潜水艦や空母、航空機を次々と太平洋に進出させ、日本や在日米軍への攻撃力を一機に高めることになる」

 中国が国際的に根拠のない持論を持ちだし、武力衝突も辞さないその高圧的な行動で尖閣諸島を利用し、中国の軍事力を高めようとしていることは容易に想像できる。

 トランプ米大統領は、米紙ウォールストリート・ジャーナルのインタビューで、4月に行われた米中首脳会談での習近平国家主席の発言を紹介した。

 「韓国は中国の一部だったことがある」

このニュースの写真

  • 中国共産党の根拠なき持論「沖縄はもともと中国だった」…貪欲すぎる覇権主義、次は韓国にも

関連ニュース

「産経WEST」のランキング