産経WEST

「認知症の夫 死んでもいいと思った」 食事与えず死なす 大阪・高槻

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「認知症の夫 死んでもいいと思った」 食事与えず死なす 大阪・高槻

 自宅で介護していた夫に食事を与えず放置し、殺害したとして、大阪府警高槻署は6日、殺人容疑で大阪府高槻市城南町、アルバイト、爲清(ためきよ)信子容疑者(73)を逮捕した。「死んでもいいと思って食事を与えなかった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は4月下旬ごろから、自宅で寝たきり状態だった夫の悌璋(よしあき)さん(76)に食事を与えず、殺害したとしている。

 高槻署によると、信子容疑者が同日朝、同署を訪れて「介護に疲れて夫の面倒を4、5日見ていない。おそらく亡くなっていると思う」と話したため、署員が自宅を確認。洋室のベッド脇の床で、悌璋さんが毛布をかけられた状態であおむけに倒れて死亡しているのが見つかった。目立った外傷はなく、司法解剖して詳しい死因を調べる。

 信子容疑者の同署への説明では、悌璋さんは認知症を患っており、昨年ごろから寝たきり状態だった。「夫が動かなくなってから2、3日迷っていたが、そのままにしておけないので警察に行った」などと供述しているという。

「産経WEST」のランキング