産経WEST

五右衛門風呂のゲストハウスはいかが? 奈良・下市町が移住促進事業

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


五右衛門風呂のゲストハウスはいかが? 奈良・下市町が移住促進事業

自慢の五右衛門風呂 自慢の五右衛門風呂

 奈良県下市町の草谷地区に、住民が運営する移住促進ゲストハウス「風の谷」がオープンした。五右衛門風呂と間伐材を利用したまきで煮炊きができるかまどがあり、田舎暮らしが体験できる。

 移住促進ゲストハウスは、町が地方創生の一環として、整備費を補助している事業。地元住民が運営する移住促進ゲストハウスは、同町才谷地区にもあり、町内2カ所目となる。

 草谷地区のゲストハウスは、地区の集会所を活用し、1階にある21畳の和室とキッチンなどを宿泊施設として利用するほか、新たに五右衛門風呂とかまどを整備した。

 五右衛門風呂は、住民らもレンガを積んで手作りしたもので、まきで湯を沸かしたり、追いだきしたりでき、かまどもまきで煮炊きでき、かまど炊きのご飯も味わえる。

 ゲストハウスの施設名「風の谷」は、草谷地区が風が通る谷地になっていて、心地よい風が吹くことから名付けられたという。

 支配人を務める疋田佳司さん(65)は「梅や桜、モクレンの花が美しく、6月はホタルを見ることができます。夏は地元の川で川遊びもでき、子供たちも楽しめます」といい、自慢の五右衛門風呂について、「じわっと、体の芯からあたたまります」と話す。

 1棟貸しの素泊まりで、2人で1泊1万円。3人目からは1人3千円の追加料金が必要。予約や問い合わせは疋田さん(070・2324・2037)。

「産経WEST」のランキング