産経WEST

食べられます…ダイオウグソクムシのオムライス 福井・越前松島水族館、本物と同じ大きさ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


食べられます…ダイオウグソクムシのオムライス 福井・越前松島水族館、本物と同じ大きさ

深海に生息する「ダイオウグソクムシ」を模したオムライス(越前松島水族館提供) 深海に生息する「ダイオウグソクムシ」を模したオムライス(越前松島水族館提供)

 越前松島水族館(福井県坂井市)は、深海に生息する「ダイオウグソクムシ」を模したオムライスを、展望レストランで提供している。

 水族館ならではのメニューを検討し、1カ月ほどの試行錯誤で完成させた。長さは本物とほぼ同じ約30センチで、量は普通のオムライスの1・5人分に当たるという。

 甲羅は薄焼き卵を何枚も重ねて再現し、チキンライスを覆った。目はのり、脚はポテトフライを使って再現した。

 ダイオウグソクムシはダンゴムシの仲間で、「こんぺいとうハウス」で展示している。1600円で1日5食限定。レストランのランチタイムは午前11時~午後2時半。

「産経WEST」のランキング