産経WEST

【競馬】現役最強馬キタサン 注目は仏凱旋門賞、武騎手は“挑戦宣言”「楽しみにしていて」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【競馬】
現役最強馬キタサン 注目は仏凱旋門賞、武騎手は“挑戦宣言”「楽しみにしていて」

天皇賞馬を制したキタサンブラック。鞍上の武豊騎手からは、仏凱旋門賞への“挑戦宣言”も飛び出した=30日、京都競馬場(安部光翁撮影) 天皇賞馬を制したキタサンブラック。鞍上の武豊騎手からは、仏凱旋門賞への“挑戦宣言”も飛び出した=30日、京都競馬場(安部光翁撮影)

 芝3200メートルの中央競馬レコードを0秒9も更新する快走劇で天皇賞・春を連覇したキタサンブラック。従来の記録を持っていたディープインパクト(06年)の手綱も取っていた武騎手は「あのときはしばらく破られないと思ったが…すごい記録が出ましたね」と話し、現役最強の走りをみせたパートナーに改めて敬意を表した。

 10馬身以上離してひとり旅を続けるヤマカツライデンを見ながら、第2集団の先頭でレースを運び、2周目の直線に入ると満を持して先頭へ。逃げ馬が最初の1000メートルを58秒3というハイペースで飛ばしたため最後は消耗戦となったが、「去年の春より力強くなった」(武騎手)その走りに追いつく馬はいなかった。

 2強といわれ、昨年暮れの有馬記念で敗れたサトノダイヤモンドとの再戦に圧勝。現役最強の称号を手に入れ、ファンの注目は仏凱旋門賞(がいせんもんしょう)の挑戦に集まる。馬主の北島三郎さんは「かわいいわが子を遠い空のかなたに送るのもつらい」と話しつつ、「武さんが乗ってくれるなら」。その武騎手は優勝インタビューで「楽しみにしていてください」とファンに“宣言”した。武・キタサンのコンビから今後も目が離せない。(市坪和博)

「産経WEST」のランキング