産経WEST

【日本遺産認定】忍びの里、伊賀と甲賀「仲良く連携」 忍者姿で両市長が会見

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【日本遺産認定】
忍びの里、伊賀と甲賀「仲良く連携」 忍者姿で両市長が会見

認定を受け、喜ぶ三日月大造・滋賀県知事(右)や岩永裕貴・甲賀市長(右から2番目)、三重県の岡本栄・伊賀市長(右から3番目)ら 認定を受け、喜ぶ三日月大造・滋賀県知事(右)や岩永裕貴・甲賀市長(右から2番目)、三重県の岡本栄・伊賀市長(右から3番目)ら

 日本遺産へ28日に認定された伊賀忍者と甲賀忍者の地元、三重県伊賀市の岡本栄市長と滋賀県甲賀市の岩永裕貴市長は忍者姿で共同記者会見を開き、岡本市長は「映画やテレビなどで伊賀、甲賀忍者は敵対している構図だが、実は仲が良い。今後もさらに連携していきたい」と笑顔を見せた。

 映画などで派手なアクションが強調されがちな忍者も普段は薬を調合したりする地味な面があったことから、岩永市長は「リアルな姿も国内外に発信していきたい」と強調。「文化を引き継いできた地域に感謝する」と述べた。

「産経WEST」のランキング