産経WEST

ツシマヤマネコの子ネコ2匹誕生 成猫に育てば2年ぶり 福岡市動物園

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ツシマヤマネコの子ネコ2匹誕生 成猫に育てば2年ぶり 福岡市動物園

ツシマヤマネコの母親と生まれた子ネコ(円内)(福岡市動物園提供) ツシマヤマネコの母親と生まれた子ネコ(円内)(福岡市動物園提供)

 福岡市動物園は28日、国の天然記念物ツシマヤマネコの子ネコ2匹が生まれたと発表した。うち1匹は死産だったが、もう1匹は元気だという。このまま成猫に育てば平成27年4月以来、2年ぶりとなる。

 園によると、27日午前2時40分ごろと同4時25分ごろに生まれた。現時点で性別は不明。園では27年に3匹が生まれ、いずれも成猫になるまで飼育することに成功した。

 ツシマヤマネコは、母ネコがかみ殺すなどして、出生直後に死ぬケースが少なくない。園の担当者は「安心した。無事に育ち、繁殖につながってほしい」と期待した。

 環境省は、福岡市動物園や九十九島動植物園(長崎県佐世保市)を中心にツシマヤマネコの繁殖事業に取り組んでいる。今回の出産により、全国で飼育中の個体数は33匹(28日現在)となった。

「産経WEST」のランキング