産経WEST

桜島9カ月ぶり爆発的な噴火 噴煙3200メートル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


桜島9カ月ぶり爆発的な噴火 噴煙3200メートル

桜島の昭和火口で起きた爆発的噴火=28日午前11時2分、鹿児島県垂水市から 桜島の昭和火口で起きた爆発的噴火=28日午前11時2分、鹿児島県垂水市から

 28日午前11時1分ごろ、桜島(鹿児島市)の昭和火口で爆発的噴火があった。鹿児島地方気象台によると、桜島の爆発的噴火は昨年7月26日以来約9カ月ぶり。噴煙は火口から高さ約3200メートルに達し、数十センチから1メートル程度の噴石が6合目(火口から300~500メートル)まで飛んだとみられる。

 気象台は「今後も同程度の爆発的噴火が起こる可能性がある」と注意を呼び掛けている。噴火警戒レベルは3(入山規制)を維持している。

▼【関連ニュース】桜島に観測所を置く京大…熊本地震“予知”元総長が警告「南海トラフ巨大地震は2038年ごろ」

▼【関連ニュース】死傷6人メイドカフェ…原因は「ゴキブリ駆除スプレー噴射」出火

このニュースの写真

  • 桜島9カ月ぶり爆発的な噴火 噴煙3200メートル

「産経WEST」のランキング