産経WEST

【近ごろ巷に流行るもの】男も日傘の時代…老舗店主が旗振り役「日々着替えるシャツのように…」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【近ごろ巷に流行るもの】
男も日傘の時代…老舗店主が旗振り役「日々着替えるシャツのように…」

心斎橋みや竹の男性用日傘と店主の宮武和広さん=大阪市西成区 心斎橋みや竹の男性用日傘と店主の宮武和広さん=大阪市西成区

 そんな中、阪急百貨店のメンズファッション専門館「阪急メンズ大阪」(大阪市北区)では、年間を通じて男性用日傘を販売している。夏のシーズン以外にもニーズがあるため、置いているという。昨年夏は約20種類を取り扱ったが、色や価格の選択肢がほしいという消費者の声を受け、今夏には約30種類に増やす予定だ。

 阪急メンズ大阪で日傘担当バイヤーの木島卓耶さん(26)は「30、40代の営業職の男性が買っていくことが多い。折りたたみが人気で、ビジネスマンがかばんに入れて外回りをするのでしょう」と話す。そうした商品は無地や控えめな柄で、落ち着いている。

 「男も日傘をさそう会」のフェイスブックのフォロワーは400人あまり。創設者の宮武さんは「『男の日傘』は傘業界でも一つのジャンルとして定着してきた。日々着替えるシャツのように、いろんなデザインを愛用してもらいたい」と呼びかけている。(張英壽)

このニュースの写真

  • 男も日傘の時代…老舗店主が旗振り役「日々着替えるシャツのように…」
  • 男も日傘の時代…老舗店主が旗振り役「日々着替えるシャツのように…」

「産経WEST」のランキング