産経WEST

【勝谷氏出馬会見(1)】茶髪、笑顔で登場「どんな意地悪な質問でも何なりと」テレビで見せた厳しい表情は封印?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【勝谷氏出馬会見(1)】
茶髪、笑顔で登場「どんな意地悪な質問でも何なりと」テレビで見せた厳しい表情は封印?

兵庫県知事選への出馬を表明する勝谷誠彦氏=神戸市中央区 兵庫県知事選への出馬を表明する勝谷誠彦氏=神戸市中央区

 コラムニストの勝谷誠彦(かつや・まさひこ)氏(56)は27日、兵庫県庁で記者会見し、7月2日投開票の兵庫県知事選に無所属で立候補することを表明した。

     ◇

 《勝谷氏は、この日のために買ったという紺色のスーツに、白色シャツ、紺色のネクタイ姿で記者会見に臨んだ。髪を茶色に染め、少しふっくらとした印象。テレビ番組で歯にきぬ着せぬ発言をしていたときのような厳しい表情ではなく、笑顔で会見席に座った》

 「今日はお忙しいところ、こんなに大勢来ていただいてありがとうございます。僕はいつもはインタビューする側ですので、もともとその世界にいた人間として、誠心誠意分かりやすいように話そうと思います。質問も何なりとしていただければ。どんな意地悪な質問でも。明るく楽しい兵庫県が僕のモットーですので、明るく楽しく答えさせていただきます」

 《一息置いて、自らの生い立ちを話し始めた》

 「簡単に自分のことを話しますと、昭和35年に兵庫県尼崎市に生まれました。勝谷医院という開業医の息子で、父親はつい先年、亡くなりました。今は弟が跡を継いで、地域医療のためにがんばっています。小学校は一時、西宮市立上甲子園小に通い、その後、七松小に通いました。その時に机を並べた同級生が元尼崎市長の白井文さんです。市長と知事候補が同じクラスから出るのも珍しいかもしれないですね」

続きを読む

「産経WEST」のランキング