産経WEST

韓国400年前から“滅びの道”進む指導者「楽観DNA」と朝鮮日報 次の大統領に戒め苦言「北にダマされた『失われた20年』忘れるな」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


韓国400年前から“滅びの道”進む指導者「楽観DNA」と朝鮮日報 次の大統領に戒め苦言「北にダマされた『失われた20年』忘れるな」

 ■南北どちらも理解しがたい

 文氏の北への“おうかがい疑惑”とは、文氏が盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の秘書室長を務めていた2007年、国連総会の北朝鮮人権非難決議案の採決をめぐり、事前に北朝鮮に意見を求める提案をし、政権は最終的に賛成でなく棄権を決めたとの疑惑だ。

 当時の外交通商相(外相に相当)が昨年10月、著書で明らかにしていた。

 23日に行われた候補者によるテレビ討論会でも焦点となり、保守系候補が文氏に「嘘をついているなら、候補の資格がない」と追及すると、文氏は「大統領が先に棄権との結論を下した。(疑惑は)事実でない」と強く反論した。

 韓国が前年の賛成から棄権に回ったことについて当時の国連の外交官は「韓国も多くの自国民が北朝鮮に拉致されているというのに、どうしてそこまで寛容なのだろうか」と首をかしげていた。

 朝鮮日報は24日の社説で、対北非難の国連決議案をめぐって新政権が再び北朝鮮の顔色をうかがうことになれば、「国際社会は南北のどちらも理解しがたい人種とみなすに違いない」と危惧を示した。

凝りもせず…「叔父を殺し、よその国で異母兄まで殺害した金正恩に、また…」

このニュースの写真

  • 韓国400年前から“滅びの道”進む指導者「楽観DNA」と朝鮮日報 次の大統領に戒め苦言「北にダマされた『失われた20年』忘れるな」
  • 韓国400年前から“滅びの道”進む指導者「楽観DNA」と朝鮮日報 次の大統領に戒め苦言「北にダマされた『失われた20年』忘れるな」
  • 韓国400年前から“滅びの道”進む指導者「楽観DNA」と朝鮮日報 次の大統領に戒め苦言「北にダマされた『失われた20年』忘れるな」
  • 韓国400年前から“滅びの道”進む指導者「楽観DNA」と朝鮮日報 次の大統領に戒め苦言「北にダマされた『失われた20年』忘れるな」

関連ニュース

「産経WEST」のランキング