産経WEST

アサリ漁獲シェア6割の愛知で貝毒検出 西尾・蒲郡両市の海域、県が出荷自粛を要請

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


アサリ漁獲シェア6割の愛知で貝毒検出 西尾・蒲郡両市の海域、県が出荷自粛を要請

アサリ アサリ

 愛知県は25日、同県西尾市、蒲郡市沖の幡豆(はず)海域のアサリから国の規制値を上回る麻痺(まひ)性の貝毒を検出したと発表した。周辺の4漁協などに出荷や潮干狩り実施の自粛を要請した。健康被害は確認されていない。

 同県のアサリの漁獲量は全国1位で、平成27(2015)年のシェアは60%。

▼【関連ニュース】アサリ、カキ、オニオコゼ、小イワシ…広島湾「七大海の幸」PR、漁業者の収入増へ

「産経WEST」のランキング