産経WEST

「努力と笑顔が夢与えた」浅田真央さん、愛知県民栄誉賞第1号に 知事感嘆「世界のファン魅了した」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「努力と笑顔が夢与えた」浅田真央さん、愛知県民栄誉賞第1号に 知事感嘆「世界のファン魅了した」

引退記者会見で報道陣に背を向け、涙を拭う浅田真央さん=4月12日、東京都内(福島範和撮影) 引退記者会見で報道陣に背を向け、涙を拭う浅田真央さん=4月12日、東京都内(福島範和撮影)

 愛知県は24日、新たに県民栄誉賞を創設し、フィギュアスケートの2010年バンクーバー冬季五輪女子銀メダリストで、現役引退を表明した名古屋市出身の浅田真央さん(26)に授与すると発表した。授賞理由は「輝かしい成績を残し、努力を続ける姿と笑顔が、世代を超えて夢と希望を与えた」としている。

 同賞は「広く県民に愛され、夢と希望と活力を与える顕著な業績があり、県の名を高めたものの栄誉をたたえる」と規定。第1号として、浅田さんを選んだ。表彰の日程は今後、調整する。

 記者会見した大村秀章知事は「世界中のファンを魅了した。これほど華があり、みんなを喜ばせる選手は、なかなか出ない」とたたえた。

 浅田さんは、15歳だった05年のグランプリ・ファイナルで初出場優勝。14年ソチ五輪は6位。世界選手権では日本人最多3度の優勝を果たしている。

このニュースの写真

  • 「努力と笑顔が夢与えた」浅田真央さん、愛知県民栄誉賞第1号に 知事感嘆「世界のファン魅了した」

「産経WEST」のランキング