産経WEST

【世界を読む】“精強”韓国軍の不安な実態…作戦前に兵士の親の同意取る部隊に世論あきれ顔

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界を読む】
“精強”韓国軍の不安な実態…作戦前に兵士の親の同意取る部隊に世論あきれ顔

北朝鮮との国境付近ででテントを設置する韓国軍兵士ら(AP) 北朝鮮との国境付近ででテントを設置する韓国軍兵士ら(AP)

 韓国軍のある工兵隊指揮官が地雷撤去作戦の際に、兵士の親に息子を作戦に投入していいか“同意”を求めていたことが明らかになり、韓国世論で軍隊の弱体化を嘆く声が上がっている。少子化が進む韓国では徴兵制で兵役につく息子を心配する親が多いとされるが、核・ミサイルで挑発を続ける北朝鮮と対峙する軍隊について、メディアも「なぜ軍がボーイスカウトになったのか」「モンスターペアレントと戦う韓国軍はまるで『国防幼稚園』」などとあきれ顔だ。

 過去にも…

 韓国紙・中央日報(日本語電子版)によると、首都圏のある工兵隊指揮官が地雷除去作戦に兵士を投入する際、「両親から同意書をもらってくるように」と指示し、事前同意書を受け取っていた。これに対し陸軍は「一介の指揮官の誤った判断だ」と深刻には受け止めていないという。

 背景について、朝鮮日報(同)は「子供を軍隊に送った親の干渉があまりにひどかったから、あそこまでいったのだろう」とする軍幹部の声を紹介した。

 その上で危険な作戦に先立って兵士の親に同意を求めるのは初めてではなく、2013年2月には、ある工兵部隊は不発弾の撤去作戦の前に、兵士の親一人一人に電話をかけて説得したことがあると指摘。任務にあたった大尉が国防白書に「最初はいかにも心配そうな声だったが、部隊や軍、そして誇らしい息子を信じると同意してくださったご両親、そして両親を説得するたくましいわが中隊員全員に感謝するとともに、誇らしかった」と寄稿していたことも紹介した。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング