産経WEST

夢は日本人女性初のF1レーサー 11歳野田樹潤さん、23日F4デビュー

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


夢は日本人女性初のF1レーサー 11歳野田樹潤さん、23日F4デビュー

日本初のF1女子レーサーを目指す野田樹潤さんと指導にあたっている父の英樹さん=岡山県美作市 日本初のF1女子レーサーを目指す野田樹潤さんと指導にあたっている父の英樹さん=岡山県美作市

 元F1レーサーを父に持つ11歳の少女が23日、本格的なレース用マシン、フォーミュラカー(F4)でのデビュー戦を迎える。日本人女性では初のF1レーサーを目標に持つ岡山県美作市在住の小学6年、野田樹潤(じゅじゅ)さん(11)が、スポンサーの助けも得て、大きな夢への第一歩を踏み出す。(栗井裕美子)

元F1レーサーの父、英樹さんと二人三脚

 父親の英樹さん(48)のレースを間近で見てきたことでモータースポーツに自然になじんだ。「お父さんがかっこよくて、車に乗りたいなと思った」。3歳から子供用のレーシングカートのハンドルを握ると、すぐに頭角を現し、各地のカートレースで優勝。5、6歳でプロになることを決意。現役を引退し、平成25年にレーサー養成の学校を設立した英樹さんの本格指導が始まった。

 英樹さんは「速いマシンに早くから乗せるのは有効だ」として、規定年齢に達しないレースにも愛娘を特別枠で出場させた。そこでも優勝を重ねた。

 F4の練習を始めたのは9歳のとき。拠点とする岡山国際サーキット(同市)のコースで走るのは週2回程度だが、父親譲りのセンスを発揮し、コースのF4最速記録をわずか1年ほどで更新した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 夢は日本人女性初のF1レーサー 11歳野田樹潤さん、23日F4デビュー
  • 夢は日本人女性初のF1レーサー 11歳野田樹潤さん、23日F4デビュー
  • 夢は日本人女性初のF1レーサー 11歳野田樹潤さん、23日F4デビュー
  • 夢は日本人女性初のF1レーサー 11歳野田樹潤さん、23日F4デビュー

「産経WEST」のランキング