産経WEST

【関西の議論】「無法地帯だな」 中国人も欧米人もこぞって古都〝花見狂騒曲〟…恒例の夜桜ライトアップが中止に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「無法地帯だな」 中国人も欧米人もこぞって古都〝花見狂騒曲〟…恒例の夜桜ライトアップが中止に

花見客で混雑する「祇園白川」。外国人を中心とする観光客の急増に伴う安全面やマナー違反への懸念から、夜桜観賞の恒例行事「祇園白川さくらライトアップ」が今春、中止になった=京都市東山区 花見客で混雑する「祇園白川」。外国人を中心とする観光客の急増に伴う安全面やマナー違反への懸念から、夜桜観賞の恒例行事「祇園白川さくらライトアップ」が今春、中止になった=京都市東山区

 祇園白川ライトアップ実行委員会で世話人を務める秋山敏郎さん(70)は「今のような状態であれば警備員を増やさなければ対応できないが、多額の費用が必要となる。もし事故が起きても実行委だけでは責任がとれない」と話す。

 ライトアップの中止は、地域経済にマイナスとなりかねない。心配する声も多いのかと思いきや、そうでもないようだ。

 巽橋付近の飲食店主(38)は「花見客は桜を見ていくだけで店に寄ってくれることはあまりない。一番困っているのは、水だけ飲みに来たり、トイレだけ使っていったりする外国人観光客がいること」と指摘。別の女性店員(42)は「マナー違反の観光客が目立つ。ライトアップ中止は仕方ないと思っている関係者は多いのでは」と打ち明ける。

 昨年の紅葉シーズンに境内の絶景スポット「通天橋」「臥雲橋」での撮影を禁止した東福寺では、近年、撮影のために立ち止まる人が増え、行列が動かなくなることもあったといい、事故防止と混雑緩和のため撮影禁止に踏み切った。

 観光地の風情や安全が失われ、それとともに鑑賞の機会も失われる。こんなことは今後も繰り返されるのだろうか。

このニュースの写真

  • 「無法地帯だな」 中国人も欧米人もこぞって古都〝花見狂騒曲〟…恒例の夜桜ライトアップが中止に

関連トピックス

「産経WEST」のランキング