産経WEST

【関西の議論】「無法地帯だな」 中国人も欧米人もこぞって古都〝花見狂騒曲〟…恒例の夜桜ライトアップが中止に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「無法地帯だな」 中国人も欧米人もこぞって古都〝花見狂騒曲〟…恒例の夜桜ライトアップが中止に

花見客で混雑する「祇園白川」。外国人を中心とする観光客の急増に伴う安全面やマナー違反への懸念から、夜桜観賞の恒例行事「祇園白川さくらライトアップ」が今春、中止になった=京都市東山区 花見客で混雑する「祇園白川」。外国人を中心とする観光客の急増に伴う安全面やマナー違反への懸念から、夜桜観賞の恒例行事「祇園白川さくらライトアップ」が今春、中止になった=京都市東山区

 平成18(2006)年以降は地元住民の有志団体「祇園白川ライトアップ実行委員会」が、京都商工会議所などの助成を受け、毎年3月末から4月初旬にかけて約10日間のライトアップを実施してきた。

 実行委によると、この期間は昼間も含めると約30万人の花見客が訪れていたといい、ライトアップは春の風物詩として定着。期間中、白川南通りは車両通行止めにもなっていた。

 だが近年、観光客の急増とともに雲行きが怪しくなった。安全面が懸念されるような出来事が次々と起こったのだ。

 道路を横切る花見客と車両が接触しそうになったり、撮影に夢中になった花見客が橋から川に落下したり…。祇園白川にある老舗旅館では、私設の橋に無断侵入して撮影する人々がいるため、来店客の妨げになるとして日本語や英語、中国語などで立ち入り禁止を促す注意書きを設置するようになった。

警備に限界…苦渋の決断

 警察には苦情が寄せられており、京都府警東山署によると、昨年のライトアップ期間中、「桜の木が折られている」との通報もあった。

 実行委はこうした事態を受け、予期せぬ事故の恐れもある中で十分な対策を取ることが難しいと判断し、ライトアップを中止した。

「水だけ飲む」「トイレだけ使う」「撮影を禁止なのに」…外国人観光客は

このニュースの写真

  • 「無法地帯だな」 中国人も欧米人もこぞって古都〝花見狂騒曲〟…恒例の夜桜ライトアップが中止に

関連トピックス

「産経WEST」のランキング