産経WEST

【デスクから】“性善説”で成り立つ社会の崩壊告げる? 姫路「認定こども園」のあきれた実態

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【デスクから】
“性善説”で成り立つ社会の崩壊告げる? 姫路「認定こども園」のあきれた実態

不適切な保育の実態が明らかになった私立認定こども園「わんずまざー保育園」=兵庫県姫路市 不適切な保育の実態が明らかになった私立認定こども園「わんずまざー保育園」=兵庫県姫路市

 ここまでひどいとは…。3月19日に発覚した兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」での不正行為に伴い、県が認定を取り消すというニュース。定員を超過する園児を受け入れていたほか、園児たちにはわずかな給食しか与えないなど、あきれた実態が明らかになった。

 ショックだったのは、特別監査の際に撮影したとされる姫路市提供の写真だった。2~3歳児用のプレートには、一盛りのご飯にスプーン1杯程度のおかずが2品…。1歳未満の乳児には、おわんにご飯やおかずが“ごちゃ混ぜ”になった状態だった。「犬や猫の餌じゃあるまいし」と強い憤りを覚えた。報道各社が伝えたこの写真は保護者の強い怒りを呼んだ。「こんな保育園に行かせていた自分が情けない」と自責の念に駆られる母親の声もあった。

 今のところ、公の場で園長による説明はない。この問題は氷山の一角か、それともこの園だけの問題か。こうしたニュースに接すると、“性善説”で成り立っていた社会から、何でも疑ってかからなければならない息苦しい世の中になった気がする。(神戸総局 勝田康三)

このニュースの写真

  • “性善説”で成り立つ社会の崩壊告げる? 姫路「認定こども園」のあきれた実態
  • “性善説”で成り立つ社会の崩壊告げる? 姫路「認定こども園」のあきれた実態

「産経WEST」のランキング