産経WEST

【今週の注目記事】羽生結弦とプルシェンコの黄金師弟コンビは実現するか 「ユヅルはもっと良くなると確信している」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
羽生結弦とプルシェンコの黄金師弟コンビは実現するか 「ユヅルはもっと良くなると確信している」

 フィンランドで行われた世界選手権で、逆転優勝を果たし、スタンドの歓声に応える羽生結弦(共同)  フィンランドで行われた世界選手権で、逆転優勝を果たし、スタンドの歓声に応える羽生結弦(共同)

 フィギュアスケート界で「皇帝」の異名を取り、日本でも人気のあるロシアのエフゲニー・プルシェンコ(34)が3月、現役を引退することを表明した。先の世界選手権を制した日本のエース、羽生結弦(22)が憧れ、「一番尊敬する」と語った「絶対王者」。2014年のソチ五輪でも団体金メダルの立役者となり、5回目の五輪となる来年の平昌大会を目指し調整していたが、持病の腰痛が完治せず、挑戦を断念した。かつて、現役引退後は「羽生のコーチになりたい」とも語ったことがあり、相思相愛の2人が夢の師弟コンビを誕生させる可能性もある。

「彼に育ててもらった」と羽生結弦

 プルシェンコは3月末、ロシアのテレビ番組に登場し、「もう選手としては平昌五輪にはいかない。フィギュアスケートのキャリアを終えた」と述べて、現役を引退することを表明した。ニュースは速報で世界各地に報じられた。

 衝撃はそのとき、世界選手権が行われていたフィンランドにも伝わり、羽生は「彼に育ててもらったと言っても過言じゃない」と引退を惜しんだ。

 21世紀の男子フィギュア界において、プルシェンコの存在なしで語ることはできない。

 類い希なジャンプ力と演技力でフィギュア王国のロシアで才能を認められ、2001年の世界選手権で金メダルを獲得。その後、国際大会で数々の優勝を手にし、五輪では初出場の02年のソルトレークシティー大会で銀メダル、06年トリノ大会では金メダル、10年バンクーバー大会では銀メダルと3大会連続で表彰台の上に立った。

羽生に「素晴らしい!」、会う度に「俺を越えて見せろ」「俺に勝て!」

このニュースの写真

  • 羽生結弦とプルシェンコの黄金師弟コンビは実現するか 「ユヅルはもっと良くなると確信している」
  • 羽生結弦とプルシェンコの黄金師弟コンビは実現するか 「ユヅルはもっと良くなると確信している」
  • 羽生結弦とプルシェンコの黄金師弟コンビは実現するか 「ユヅルはもっと良くなると確信している」
  • 羽生結弦とプルシェンコの黄金師弟コンビは実現するか 「ユヅルはもっと良くなると確信している」
  • 羽生結弦とプルシェンコの黄金師弟コンビは実現するか 「ユヅルはもっと良くなると確信している」
  • 羽生結弦とプルシェンコの黄金師弟コンビは実現するか 「ユヅルはもっと良くなると確信している」

「産経WEST」のランキング