産経WEST

「中国の闇工場で作った」偽の旧一万円札を輸入容疑 首謀者?の中国人男を逮捕 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「中国の闇工場で作った」偽の旧一万円札を輸入容疑 首謀者?の中国人男を逮捕 大阪府警

 聖徳太子が描かれた旧一万円札の偽札を中国から輸入したとして、大阪府警捜査2課などは13日、偽造通貨輸入容疑で、住居不詳、自称自営業の中国籍、周維毅(いき)容疑者(64)を逮捕した。

■旧日本軍が中国に残した“埋蔵金”話で…

 府警は平成27年1月、周容疑者から受け取った偽札を国内へ持ち込んだとして、同容疑で日本人の男2人=いずれも偽造通貨輸入罪などで実刑判決が確定=を逮捕。その後、首謀者とみられる周容疑者を指名手配していた。

 逮捕容疑は、平成25年6月、偽造された旧一万円札約100枚を上海から航空機で中部国際空港(愛知県)に輸入したとしている。

 周容疑者は13日未明、香港から関西国際空港(大阪府)に到着した際、逮捕された。調べに対し、「(偽札は)中国国内の闇工場で製造されたものだと知人を介して聞いていた」と容疑を認めている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング