産経WEST

「麻薬取締官が犯罪助長」おとり捜査の覚醒剤密売人に有罪判決 大阪地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「麻薬取締官が犯罪助長」おとり捜査の覚醒剤密売人に有罪判決 大阪地裁

 営利目的で覚醒剤やコカインを所持したとして、覚せい剤取締法違反の罪などに問われた無職、渡辺吉康被告(55)の判決公判が12日、大阪地裁で開かれ、村越一浩裁判長は懲役8年6月、罰金300万円(求刑懲役13年、罰金300万円)を言い渡した。

 弁護側は「近畿厚生局麻薬取締部のおとり捜査に協力しており、薬物所持はその一環だった」と無罪を主張していた。渡辺被告は情報共有をしていなかった大阪府警に逮捕された。

 判決理由で村越裁判長は違法薬物の所持量や状況から「捜査協力のためだったとは認められない」とする一方、渡辺被告が同取締部の取締官と30回以上接触し、取引情報を提供したと指摘。「持ちつ持たれつの関係だった」と述べた。

 また被告が取引をしているとは思わなかったとの取締官の証言の信用性を否定。「取締官の対応が被告の覚醒剤取引を助長した面は否定できない」とし、量刑を軽減する事情とした。

 判決によると、渡辺被告は平成27年4月、大阪府内などで覚醒剤を使用し、営利目的で覚醒剤計約806グラム、コカイン計約217グラムを所持した。

「産経WEST」のランキング