産経WEST

【競泳】日本選手権開幕 けがから復帰の萩野「全種目Vは当たり前」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【競泳】
日本選手権開幕 けがから復帰の萩野「全種目Vは当たり前」

公式練習で調整した萩野公介=ガイシプラザ 公式練習で調整した萩野公介=ガイシプラザ

 競泳の世界選手権(7月・ハンガリー)代表選考会を兼ねた日本選手権が13日、名古屋市のガイシプラザで開幕する。12日には公式練習が行われ、プロスイマーに転向した萩野公介(ブリヂストン)や、日本記録更新が期待される16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)らが調整を行った。

 萩野は右ひじの手術から復帰直後で5種目に登録。プロとしての国内初戦に「大切な第一歩。全種目優勝は当たり前で記録もいいところを狙う」と意気込む。13日は、昨夏のリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した男子400メートル個人メドレーで、ライバルの瀬戸大也(ANA)と争うが「楽しみ以外にない」と自信をみせた。

 自身が日本記録を持つ5種目に出場する池江は「すべて自己ベストを出して、(世界選手権)の派遣標準記録を切りたい」と力を込めた。

「産経WEST」のランキング