産経WEST

【森友学園問題】公金2千万円不正取得か 産廃撤去費を虚偽申請 大阪地検特捜部も捜査へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【森友学園問題】
公金2千万円不正取得か 産廃撤去費を虚偽申請 大阪地検特捜部も捜査へ

小学校建設のゴミ撤去費用 小学校建設のゴミ撤去費用

 国交省の調査に対し、建設会社側は約2千万円を返金した際に学園から受け取った領収書などを提示した上で、事実関係を認めているという。

 森友学園は28年3月、校舎建設に伴うくい打ち工事で新たな産廃が見つかったとして、近畿財務局に土地の売却を求めた。その後、土地の評価額9億5600万円から、産廃撤去費用など8億2200万円を差し引いた1億3400万円を、10年の分割払いで支払うとした契約を結び、6月20日に土地を買い取った。

 大阪地検特捜部は、国有地を不当に安い価格で売却して、国に損害を与えたとする近畿財務局職員に対する背任罪の告発状をすでに受理。校舎建築に支給された国の補助金を不正受給したとされる補助金適正化法違反罪の告発状も受理している。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング