産経WEST

淡路島「イングランドの丘」運営三セク、不法投棄容疑で書類送検 3年前にも行政指導

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


淡路島「イングランドの丘」運営三セク、不法投棄容疑で書類送検 3年前にも行政指導

「イングランドの丘」敷地内に放置されていた軽トラックと伐採された樹木=平成26年11月、兵庫県南あわじ市 「イングランドの丘」敷地内に放置されていた軽トラックと伐採された樹木=平成26年11月、兵庫県南あわじ市

 倒木や生ゴミなどを適切に処理せずに投棄したとして、兵庫県警南あわじ署が廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で、淡路島・南あわじ市八木養宜上(やぎようぎかみ)の観光施設「淡路ファームパーク イングランドの丘」を運営する第三セクター「南淡路農業公園」と業務責任者だった元従業員の男性を書類送検したことが、捜査関係者などへの取材で分かった。送検は3日付。

支配人「無知な部分多くあった」

 書類送検容疑は、平成26年ごろ、適切な処理をせずに敷地内に倒木約300立方メートルを投棄したほか、野菜のかすや花壇の苗など約30立方メートル、動物の卵の殻や生ゴミなど計約50キロを捨てたとしている。

 同施設は倒木のほかに樹木の支えに使われた金属くずや陶器片、施設内の荷物搬送などで使用されたとみられるナンバーのない軽トラックなどを放置し、適切に処理していなかったとして、26年に淡路県民局から産業廃棄物処理法に基づく改善指示の行政指導を受けていた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング