産経WEST

「ギャンブル依存症にならない仕組みを」 和歌山県知事、IR誘致で日本人入場制限を政府に要望へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「ギャンブル依存症にならない仕組みを」 和歌山県知事、IR誘致で日本人入場制限を政府に要望へ

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を掲げる和歌山県の仁坂吉伸知事は4日の定例会見で、県や和歌山市が誘致の前提としているカジノへの日本人の入場制限について、「われわれのやり方が可能になるように(政府に)働きかけたい」と述べ、今年中にカジノの運営方法の基準などを定める実施法案を提出する予定の政府に対し、要望していく考えを示した。

 仁坂知事は「県民にはギャンブル依存症への恐怖心があり、依存症にならない仕組みを作らなければならない」と改めて表明。その上で、「日本人が(カジノに)入れない形のIRをつくりたい。(入場制限が)駄目だとならない制度にしてほしい」と語った。実施法案など誘致に向けた制度設計に県の考えを反映してもらえるよう、政府に働きかけるという。

 一方、県内の誘致候補地には、和歌山市内の「コスモパーク加太」と「和歌山マリーナシティ」、白浜町の「旧南紀白浜空港跡地」の3カ所が浮上しているが、白浜空港跡地については、「白浜は関空から遠い。可能性は捨てていないが、やはり和歌山市だ」と述べ、誘致候補地を市内に絞る可能性を示唆した。

「産経WEST」のランキング