産経WEST

弁当で15人食中毒症状 岡山市、ノロウイルス検出

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


弁当で15人食中毒症状 岡山市、ノロウイルス検出

 岡山市は31日、同市の飲食店「吉祥仕出しセンター」の弁当を食べた2歳~80代の男女15人が、下痢や嘔吐の症状を訴え、うち5人からノロウイルスが検出されたと発表した。入院した人はおらず、いずれも快方に向かっている。

 岡山市によると、15人は28日昼、会議で提供されたサワラの照り焼きやイカの刺し身などの弁当を食べた。市は弁当が原因の食中毒と断定、4月4日まで5日間の営業停止を命じた。

「産経WEST」のランキング