産経WEST

アカハラで鳥取大教授停職 企業への推薦書拒否

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


アカハラで鳥取大教授停職 企業への推薦書拒否

 鳥取大は31日、ゼミで指導していた20代の男子学生にアカデミックハラスメントをしたとして、工学研究科の40代の男性教授を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。29日付。

 鳥取大によると、教授は平成27年の夏、工学部4年だった学生の就職活動で、入社希望の企業の採用試験に必要な推薦書の作成をいったん同意したがその後拒否し、進路選択の権利を侵害。卒業論文の指導時も怒鳴るなどの高圧的な態度を取ったほか、この学生の就職情報をメールなどで他の学生に漏らしていた。

 教授は「研究者向きで大学院に進ませようと思った。配慮に欠けた」とアカハラ行為を認めた。昨年3月、学生が卒業前に大学の窓口に相談して発覚。現在は他の企業に就職している。

 豊島良太学長は「誠に遺憾。被害学生や関係者の皆さまに深くおわびし、再発防止に努める」とのコメントを出した。

「産経WEST」のランキング