産経WEST

横断中の小1男児はねられ死亡、運転の男逮捕 京都・伏見

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


横断中の小1男児はねられ死亡、運転の男逮捕 京都・伏見

 29日午後6時半ごろ、京都市伏見区羽束師志水町の市道で、近くに住む小学1年の男児(7)が車2台に次々とはねられた。男児は病院に搬送されたが頭などを強く打っており、約1時間半後に死亡が確認された。

 京都府警向日町署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、最初にはねたワゴン車の自営業の男(46)を現行犯逮捕。同法違反(過失致死)容疑に切り替えて事故原因を調べている。

 同署によると、現場は横断歩道のない片側2車線の直線道路。男は「車のドライブレコーダーには男児が停止中の車の陰から出てくる姿が写っている」と話しているという。

 男児は当時、近くのスーパーに買い物に行く途中で、男のワゴン車にはねられて道路に倒れたところを、後続の別のワゴン車にひかれたという。

「産経WEST」のランキング