産経WEST

【山陽の議論】天皇陛下の実姉が園長、岡山の動物園が存亡の危機…市民ら公営化求めるも市は困惑

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【山陽の議論】
天皇陛下の実姉が園長、岡山の動物園が存亡の危機…市民ら公営化求めるも市は困惑

看板が長い歴史を感じさせる池田動物園=岡山市北区 看板が長い歴史を感じさせる池田動物園=岡山市北区

 来園した岡山県倉敷市の女子短大生(20)は「幼稚園の遠足で来たときにゾウを見たが、いなくなって残念。動物園には必ずゾウがいるイメージがあったので」、岡山市中区の自営業の男性(55)は「坂が急でベビーカーを押すのがつらい。下り坂だと危険なので怖い。入園料(大人1080円)の割に狭いし、動物がいない獣舎もあって寂しい」と話した。

池田家が私財で赤字を穴埋め

 園によると、記録が残る同園の年間入園者数は昭和62(1987)年度が18万5395人でピークで、平成16(2004)年度にはその約半数にまで落ち込んだ。その後は少し持ち直し、27年度は12万1119人が来場したが、平成以降は赤字体質で、累積赤字は2億3404万円に上っている。

 その補填(ほてん)はすべて隆政氏と、隆政氏が亡くなった後に園長を務める厚子さんが行ってきたが、「自転車操業的な現状で、返済の目途はたっていない」(同園)。

市民らが立ち上がる

 そんな園の窮状を見かねて市民有志が「池田動物園をおうえんする会」を結成。メリーの死などをきっかけに署名活動を開始した。会によると、20政令市で公営動物園がないのは岡山と新潟のみといい、清水努会長は「政令市・岡山として、子供の教育と観光のため同園を市の宝として、今後50年、100年と続くような施設に」と訴える。

続きを読む

このニュースの写真

  • 天皇陛下の実姉が園長、岡山の動物園が存亡の危機…市民ら公営化求めるも市は困惑
  • 天皇陛下の実姉が園長、岡山の動物園が存亡の危機…市民ら公営化求めるも市は困惑
  • 天皇陛下の実姉が園長、岡山の動物園が存亡の危機…市民ら公営化求めるも市は困惑
  • 天皇陛下の実姉が園長、岡山の動物園が存亡の危機…市民ら公営化求めるも市は困惑
  • 天皇陛下の実姉が園長、岡山の動物園が存亡の危機…市民ら公営化求めるも市は困惑

関連ニュース

「産経WEST」のランキング