産経WEST

【動画】「地底の太陽」模型公開 不明の「第4の顔」復元へ 大阪万博・太陽の塔

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
「地底の太陽」模型公開 不明の「第4の顔」復元へ 大阪万博・太陽の塔

太陽の塔内部公開にあわせ、復元される行方不明になった「地底の太陽」。写真を元に制作された10分の1の模型が公開された(右は平野暁臣・岡本太郎記念館館長)=29日午後、万博記念公園(奥清博撮影) 太陽の塔内部公開にあわせ、復元される行方不明になった「地底の太陽」。写真を元に制作された10分の1の模型が公開された(右は平野暁臣・岡本太郎記念館館長)=29日午後、万博記念公園(奥清博撮影)

 昭和45(1970)年に大阪で開催された国際博覧会(万博)で、シンボル「太陽の塔」につながる地下施設で展示されていた「地底の太陽」の復元に向け制作された縮小模型が、大阪府吹田市の万博記念公園で29日、報道陣に公開された。現物は行方不明になっており、府によると、復元には模型が必要という。

 地底の太陽は顔のような円形のオブジェで、顔部分が直径約3メートル、全長約11メートルと推測されている。太陽の塔の外側にある三つの顔に続く「第4の顔」といわれていたが、万博終了後に行方が分からなくなった。

 大阪府は、平成30年3月から太陽の塔の内部を常時公開するのに伴い、万博当時の展示物の復元も計画。縮小模型は現物の10分の1の大きさで、発泡スチロールを強化プラスチックでコーティングし、現物と同様に金色に塗装した。太陽の塔の制作者で画家の故岡本太郎氏が創設した現代芸術研究所(東京)に制作を依頼した。

 模型の制作を担当したプロデューサーの平野暁臣氏は「地底の太陽は当時の雰囲気を再現するのに欠かせない。万博を追体験できるような空間にしたい」と述べた。

このニュースの写真

  • 「地底の太陽」模型公開 不明の「第4の顔」復元へ 大阪万博・太陽の塔

「産経WEST」のランキング