産経WEST

【衝撃事件の核心】「モデル満足度No.1」は真っ赤なウソ? ギャラ半額超は中抜き…AV女優〝搾取〟の実態 芸能人への転身は一握り

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「モデル満足度No.1」は真っ赤なウソ? ギャラ半額超は中抜き…AV女優〝搾取〟の実態 芸能人への転身は一握り

被害者の女性がアダルトビデオ(AV)に出演したときの出演料の流れ。業界の〝搾取〟の一端が明らかになった 被害者の女性がアダルトビデオ(AV)に出演したときの出演料の流れ。業界の〝搾取〟の一端が明らかになった

 一見すると優良なプロダクションのようにも映るクローネ。摘発に至ったのは、大阪を舞台にした別の事件がきっかけだった。

勧誘後、マンションに囲い込み

 スカウト約200人が所属し、「アジア最大級のグループ」を自称していた大阪拠点のスカウトグループ「絆」。府警は昨年10月、勧誘した女性を違法風俗店に紹介したとして、職業安定法違反(有害業務の紹介)容疑で、所属スカウトら10人を逮捕した。

 府警によると、グループは風俗店や不動産業、美容室などを展開する会社「DIX(ディス)エンタープライズ」(大阪市浪速区)に所属。勧誘した女性を系列会社が扱うマンションに住まわせて囲い込み、傘下の風俗店で働かせるなどして「性の搾取」を繰り返していた。

 府警は、組織のトップとみられるDIX社社長の男(36)も逮捕。一連の捜査で、勧誘女性が働く風俗店からの紹介料など、すべてのカネをDIX社がいったん吸い上げるシステムが判明した。勧誘した女性が店に出勤すれば1750円、AV出演なら女性の報酬の最大40%がスカウト側に入るなどの取り決めも明らかになった。

 この事件をめぐり、府警は昨年9月に実施したDIX社などへの家宅捜索で、AVプロダクションのクローネからの入金記録を発見。絆のスカウトの男(21)の携帯電話の通話記録などから、クローネに紹介した女性を特定した。

 府警は今年2月、同法違反容疑でこのスカウトの男とDIX社のAV部門責任者の男(31)を書類送検。さらに、女性をAV制作会社に派遣したとして、労働者派遣法違反容疑で、クローネ社長の男(32)と社員の男(30)も書類送検した。

 それにしても、女性がクローネに紹介された経緯は、一体どのようなものだったのか。

3カ月で脇役出演15本、ようやく主演した作品の出演料35万円のうち女性の手元に入ったのは…

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング