産経WEST

「南極観測船ふじ」リニューアル 名古屋港、オーロラやペンギン行進の「極寒シアター」も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「南極観測船ふじ」リニューアル 名古屋港、オーロラやペンギン行進の「極寒シアター」も

名古屋港に係留されている「南極観測船ふじ」=24日午前 名古屋港に係留されている「南極観測船ふじ」=24日午前

 名古屋港に係留され博物館として利用されている「南極観測船ふじ」が、大規模改修を終えて25日にリニューアルオープンするのに先立ち、名古屋みなと振興財団は24日、展示内容を更新した船内を報道関係者に公開した。

 目玉の展示は4面の大型スクリーンでオーロラやペンギンの行進を映し出す「極寒シアター」。他に最新の環境調査の結果なども展示される。

 ふじは日本の南極観測船としては2代目で、昭和40年から18年間、南極を計18回行き来した。昭和基地の増築資材やオーロラを調べる観測用ロケットなどを運搬した。60年からは船内生活の様子、南極の自然や歴史などが学べる博物館として親しまれてきた。

「産経WEST」のランキング