産経WEST

障害者施設の自閉症児の事故死 逸失利益は平均賃金で計算 大阪地裁和解

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


障害者施設の自閉症児の事故死 逸失利益は平均賃金で計算 大阪地裁和解

 大阪府豊中市の障害者支援施設で平成27年、知的障害があった疋田逞大(ていた)君=当時(6)=が行方不明となり、近くの池で遺体が見つかった事故で、両親が施設側に約6400万円の損害賠償を求めた訴訟は22日、施設側が健常者の平均賃金をもとに算定された約4500万円を支払う内容で大阪地裁(山田明裁判長)で和解が成立した。

 施設側は勝手口を施錠していなかったことなど安全配慮義務違反を認めており、逞大君に将来見込まれる収入額(逸失利益)が争点になっていた。施設側は最低賃金などをもとに約430万円の逸失利益を提示していたが、和解条項では健常な男女の平均賃金の8割に当たる約1940万円と算定され、慰謝料などを含む賠償額を計約4500万円とした。

 地裁は今年2月の和解勧告で、自閉症もあった逞大君について「良好な療育環境により順調に発達していた。就労可能な年齢になると一般的な就労ができる蓋然性(がいぜんせい)が認められる」と指摘していた。訴状によると、逞大君は27年2月28日、大阪府豊中市の「療育支援センター結(むすび)」(閉鎖)からいなくなり、同3月15日に遺体で発見された。

「産経WEST」のランキング