産経WEST

統合で消える和歌山市立城北小学校、最後の卒業式…70年の歴史に幕下ろす

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


統合で消える和歌山市立城北小学校、最後の卒業式…70年の歴史に幕下ろす

卒業証書を手渡される卒業生=和歌山市 卒業証書を手渡される卒業生=和歌山市

 70年の歴史を持つ和歌山市立城北小学校(同市鷺ノ森南ノ丁)で21日、最後の卒業式が開かれた。同市立伏虎義務教育学校に統合される。

 卒業式では、校歌斉唱の後、梅本優子校長が卒業生16人に卒業証書を手渡し、「この学校で学んだことを忘れず、新しい学校でも充実した学校生活を送ってください」と激励した。

 卒業生の撫養(むや)英祐さん(12)は「最後の卒業生になるけど、大切な思い出を胸に、勉強や運動をもっと頑張りたい」と笑顔で話した。

 城北小は昭和22年4月に開校し、これまでに6733人が卒業した。

「産経WEST」のランキング