産経WEST

春の海に異変?大阪湾のイカナゴ漁早くも終漁 資源減、価格高騰の恐れ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


春の海に異変?大阪湾のイカナゴ漁早くも終漁 資源減、価格高騰の恐れ

鮮魚店には多くの客がイカナゴを求めに訪れていた=神戸市兵庫区 鮮魚店には多くの客がイカナゴを求めに訪れていた=神戸市兵庫区

 明石海峡以東の大阪湾で7日に解禁されたイカナゴ漁が18日、例年より2週間早く、今年の漁を終えた。漁獲量が少なくなっていることが要因。同海峡以西の播磨灘でも早めの終漁を検討中という。シンコと呼ばれる稚魚の販売価格が高騰し、県内のイベントが中止に追い込まれるなどの影響も。庶民の味として親しまれる「くぎ煮」が“高根の花”になるかもしれない。

 終漁は、大阪府と兵庫県の漁業関係者が協議して決めた。同県によると、大阪湾では例年、各地区で終漁時期を判断していたが、終漁時期を統一するのは初めて。イカナゴの数自体が減り、産卵数が少なくなっているとみている。例年1キロ千~2千円程度の店頭価格が3千~4千円で販売されているという。

 イカナゴを使ったくぎ煮は家庭料理として親しまれる。神戸市兵庫区の東山商店街の鮮魚店「魚盛」では1パック(500グラム)を1980円で販売。価格は据え置いたが、店主は「利益は半分以下」。店を訪れていた同市須磨区の看護師、黒田真希さん(44)は「今年はくぎ煮を作れていない。とにかく高すぎる」と話した。

 関連のイベントも影響を受けており、不漁のため、同県姫路市では18日に予定していた「いかなご祭り」が中止に。県水産課の担当者は「このまま高値が続けば消費者のイカナゴ離れが進みかねない。早めの終漁で資源回復につなげたい」と話した。

「産経WEST」のランキング