産経WEST

【エンタメよもやま話】学費3000万円「飛び級のススメ」、学生ローン156兆円「豆を食べ1週間」…英米の大学、恐ろし過ぎるキャンパスライフ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
学費3000万円「飛び級のススメ」、学生ローン156兆円「豆を食べ1週間」…英米の大学、恐ろし過ぎるキャンパスライフ

米カリフォルニア州のスタンフォード大のキャンパス 米カリフォルニア州のスタンフォード大のキャンパス

 ちなみに米の大学は学費がバカ高い上、簡単に単位をくれないので、多くの大学生は6年かかって卒業します。なのでニューヨーク大学の場合だと、計約4400万円かかります(アホなのか?)。しかし、大学側のこうした措置と学生のやる気で、約半分の3年で卒業できる可能性が高まるとなれば、死ぬ気で勉強する学生にとっては朗報です。

 そしてニューヨーク大学の場合、実は“必死こいて単位を早く取れば早く卒業できて学費が浮かせる”ことに気付いた学生が増えていたことに大学側が気付き、今回の措置となったらしいのです。同大学の運営委員会の責任者であるエレン・ショール氏は前述のニューヨーク・タイムズ紙に、既に全体の20%の学生は前倒しで卒業していると明かしています。

 以前の本コラムでもちょこっと触れましたが、米の大学の学費は英どころではありません。例えば、公立である州立大学の場合でも、大体、学費など諸経費含め、年間3万ドル(約340万円)~5万ドル(約560万円)くらいは必要です(ただし州民だともっと安い)。ちなみに私立だともっと高く、例えば、映画学部が世界的に有名な南カリフォルニア大学(USC)だと年間約7万ドル(約800万円)かかります。

 そして米でも多くの大学生が国の学生ローンを借り、卒業後、こつこつ返済していくわけですが、専門サイトによると、今年の2月時点で、その総額は何と1兆3000億ドル(約145兆6400億円)。借り手は計約4400万人で、昨年の卒業生の学生ローンの債務残高は、1人平均3万7172ドル(約416万円)。前年より6%も増えていました。

 “学費は値下げできないが、やる気のある奴は早めに卒業できるようサポートしまっせ!”というこのニューヨーク大学のやり方、実力社会のアメリカンらしい発想ですね。そしてこの措置、米の他大学にも広がりそうな気配といいます。

続きを読む

「産経WEST」のランキング