産経WEST

【坂口至徳の科学の現場を歩く】妊娠…赤ちゃん脳に重要な役割「カルシウム」 イオン濃度増なら形成も促進、基生研・京大・阪大など国際研究で確認

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【坂口至徳の科学の現場を歩く】
妊娠…赤ちゃん脳に重要な役割「カルシウム」 イオン濃度増なら形成も促進、基生研・京大・阪大など国際研究で確認

ツメガエルの胚で神経管が形成される過程の模式図。神経板という細胞シートが折れ曲がって溝ができたあと、神経管が形成される(基礎生物学研究所提供) ツメガエルの胚で神経管が形成される過程の模式図。神経板という細胞シートが折れ曲がって溝ができたあと、神経管が形成される(基礎生物学研究所提供)

 脳は神経組織の集まりで、心臓や肺、消化器などが働いて生命を維持する活動をはじめ、運動や知覚などの機能を支えている。このように動物にとってもっとも重要な脳は、どのようにして形づくられていくのだろうか。

 これまでの研究では、脳の原型は、1個の受精卵から細胞が分裂、増殖し、個々の細胞がさまざまな機能を持つように分化していく過程の中で、初期の段階の胚の状態のときに現れる。その形は、「神経管」と呼ばれるチューブ状になっていて、一層のシート状になった細胞群が折れ曲がるという大きな変化が起きることによってできることは分かっていた(図参照)。しかし、何がこの現象の引き金になり、どのような作用が加わっているかについては不明だった。

 そこで、基礎生物学研究所の鈴木誠助教、原佑介研究員、上野直人教授らは、京都大学の今村博臣准教授、大阪大学産業科学研究所の永井健治教授、カナダ・アルバータ大学のロバート・キャンベル教授と国際共同研究を行い、細胞内にあるカルシウム(Ca)イオンの濃度が特定の場所で一時的に変化することが、脳の原型づくりに重要な役割を果たしていることを突き止めた。

 両生類のアフリカツメガエルを材料にした研究だが、この動物は脳の形成の過程がヒトに近く、今後、新生児に起きる先天性の神経管閉鎖障害などの病因の解明にもつながる可能性がある。この成果は英科学誌「デベロプメント」に掲載される。

■妊活ママ必見! 新生児の病因の解明に…

 研究グループは、細胞内のカルシウムイオンの濃度の変化が細胞の形や運動の調節に関わることを明らかにしており、「神経管の形成の過程にも関わっているのではないか」との発想で研究を進めた。

カルシウムイオンの濃度が、細胞骨格のタンパク質に…

関連ニュース

「産経WEST」のランキング