産経WEST

【能登・高1女子遺体】信州大生「ギターの練習をする」と家族に伝え空き家に滞在 長野の下宿先、14日にも捜索

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【能登・高1女子遺体】
信州大生「ギターの練習をする」と家族に伝え空き家に滞在 長野の下宿先、14日にも捜索

女子高生の遺体が見つかった石川県能登町の空き家=11日午後 女子高生の遺体が見つかった石川県能登町の空き家=11日午後

 石川県能登町の空き家で県立能登高1年、池下未沙さん(16)が殺害された事件で、県警は13日、事故死した信州大1年の男子学生(21)が事件に関与した疑いが強まったとして、長野県松本市の下宿先を14日にも家宅捜索することを決めた。

 珠洲署によると、池下さんの遺体が見つかった男子学生の祖父名義の空き家では大量の血痕が見つかり、県警は池下さんがここで殺害されたと特定。学生が事故死するまで運転していた車からは凶器とみられる血の付いた包丁や、空き家の鍵が見つかっていた。

 学生は両親に「ギターの練習をする」と伝え、空き家に事件前の8日から滞在していた。

 池下さんが死亡したのは10日午後7時ごろとみられ、死因は首を切られたことによる失血死だった。空き家の1階居間で、制服を着てあおむけの状態で倒れていた。粘着テープで手を縛られ、口をふさがれていた。

 学生は同日午後7時40分ごろ、石川県穴水町で車にはねられ11日午前に死亡した。自殺とみられる。

「産経WEST」のランキング