産経WEST

警官切り付けで無罪判決、岡山地裁「心神喪失状態」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


警官切り付けで無罪判決、岡山地裁「心神喪失状態」

 岡山市南区のコンビニで平成27年、商品を盗み、駆け付けた警察官を包丁で切り付けたなどとして殺人未遂などの罪に問われた岡山市の無職男性(36)の裁判員裁判で、岡山地裁は8日、無罪(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

 松田道別裁判長は判決理由で、男性は統合失調症で幻聴なども慢性化していたとの鑑定結果を採用し、犯行当時、「強く興奮して十分な思慮を行えなかった」と指摘。「自らの行為が犯罪であることを理解しながらあえて犯行を行ったとは言えず、心神喪失の状態だった」とした。

 岡山地検の福田尚司次席検事は「判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適切に対応したい」とコメントを出した。

 判決によると男性は27年3月、自宅から約1キロ離れたコンビニに包丁を手に持って行き、商品の缶ビールやバナナを店内で飲食。駆け付けた警察官を切り付けるなどした。

「産経WEST」のランキング